タクシー運転手は夢がある?独立できます!!

タクシーの運転手になるには乗務員登録が必要です。

タクシーの運転手は各都道府県の運輸局へタクシーの乗務員として登録することで乗務員証が発行されます。乗務員として登録をするためには各都道府県の運輸局で実施されている試験に合格する必要があります。試験に合格後にタクシーの運転手として活躍することができます。最初は新人ですが、経験を積むことでベテランのタクシー運転手へと成長していきます。運輸局で実施されている試験は2日間に分けて行われていますが、1日で2科目の講習と試験が開催されています。

タクシーの営業方法は2つの方法があります。

タクシーの運転手は2つの方法で毎日営業をしています。1つは流し営業と言って街中を走り回って手を上げたお客さんを乗せて目的地まで送り届ける方法ですが、2つ目は客待ちでお客さんを乗せる方法です。お客待ちでは指定のタクシー乗り場や駅などで並んでお客さんを乗せていきます。客待ちでのメリットは流し営業のように無駄なガソリン代を使わずに済むので、ガソリンの節約になります。会社にとっては嬉しい営業方法になるでしょう。

自営業への道も開かれます。

法人のタクシー運転手として10年間務めると個人タクシーとして独立することができます。しかし、個人タクシーとして独立する場合には乗務員登録するときのように再度試験を受験する必要があります。ですが、試験内容の1つでもある地理の試験は試験を受験する日からさかのぼって3年間無事故無違反の場合には地理の試験が免除になるので、合格する確率が上がります。個人タクシーとして独立する最大のメリットは、営業時間が自由なので、気軽に仕事ができます。

役員運転手は現在では非常に人気の高い職業となっており、高い運転技術を身に付ける事が出来る仕事でもあります。