自営業を始めるには、色々な準備と手続きが必要です

ある程度は貯金を貯めてから、自営業を始めましょう

自営業は会社勤めをする会社員とは違い、稼げるときもあれば、収入がまったくないときもあります。そのためにある程度は貯金を貯めておく必要があるでしょう。貯金を貯めておけば、しばらく収入がなくても、あせる必要もなく仕事に集中できるようになります。しかし個人差により、月の支出は違いますので、毎月の支出を把握することが重要です。そして貯金は最低でも、支払う税金や生活費と家賃などの1年分は貯めておく必要があるでしょう。起業される方はその他に、会社やお店を建てる費用も合わせて、準備をする必要があるのです。

自営業を始めるには、色々と手続きが必要です

自営業を始めるには、多くの手続きが必要です。もしも会社を退職されて、自営業として働かれるかたは手続きの多さに驚くかもしれません。自営業になると、今まで会社がしてくれていた手続きを全て、ご自身が行わないといけません。まずは税務署に行かれて「開業届」を提出しないといけません。この開業届は「私は今より自営業として働きます」と宣言するためのようなものです。この書類は自営業として働くかたの義務とされているので、提出するようにしましょう。その他に「青色申告の承認申請書」を提出するほうがいいでしょう。そうすれば、確定申告のときに青色申告を提出できるようになり、節税できるようになるのです。

税金を支払う手続きを、済ませておきましょう

自営業を始める資金や、手続きを済ませたら、あとは税金の支払いを済ませる必要があります。自営業のかたは、年金を払う場合は「国民年金」になります。国民年金は厚生年金に比べると、受給される金額が少ないので、私的年金を払うかたもいます。しかし自営業を始めるころは、お金を稼ぐのはなかなか難しいと思うので、役所で国民年金の手続きをされたほうがいいでしょう。その他にも「国民健康保険」も役所で手続きを済ませましょう。支払いは口座振替にすれば、支払い忘れがないので、安心です。自営業を始めてから1年も経つと、確定申告をして、その他にも数多くの税金がかかります。しかし自営業を始めるときに税金の手続きをするには国民年金と国民健康保険の手続きをすませば大丈夫です。

フランチャイズとは大手の会社の名前を借りて経営することです。メリットとして大手のネームバリューがつくこと、そして自分ごのみのお店を作ることができます。