あると安心!住まいのプライバシー保護対策

頑丈で安心感ある庭壁でプライバシー保護

通りに面した一戸建て住宅に暮らしていると、外からの視線が気になりますね。できれば、外から住宅の中が見えないよう、プライバシーの配慮が必要です。住まいのプライバシーを守るための手段として、庭壁が設置できます。庭の周囲をある程度の高さがある壁で覆うことにより、外部からの視線をシャットアウトします。また庭壁は、外部からの侵入を防ぐ効果もあり、防犯上のメリットも大きいです。庭壁があると、安心感がずいぶんと違うでしょう。

緑が安らぎをもたらしプライバシーも守る生垣

住宅の周囲を緑で彩りつつプライバシーを守るなら、生垣が使えます。庭の周囲を植物で覆うことで、視線を遮る効果があります。住宅の周辺に緑が増えて、住人や通りの人たちも、心に安らぎがもたらされるでしょう。ただし生垣は、庭壁と異なり定期的な手入れを必要とします。放置しておくと枝葉が伸び放題となり、見た目があまり良くありませんね。生垣をプライバシー保護のため取り入れるのであれば、維持のための手間やコストも考慮すべき点です。

日本家屋にピッタリのすだれでプライバシー保護対策

日本家屋の住まいであれば、和の雰囲気にあったプライバシー保護の手段があります。古くから日本で広く用いられてきたのが、すだれです。窓際などにすだれを立てかけておいたり、あるいは窓にぶら下げておくことで、プライバシー保護が可能ですね。特に日本の蒸し暑い夏には、風の通りがいいプライバシー保護の手段として有効でしょう。風流な和の雰囲気もあって、プライバシーを守りつつも景観もまた損ねないメリットがあります。

機密文書を捨てる場合には、情報が流出しないように処理する必要があります。専用のシュレッダーがない場合には業者に依頼し、適切に処理してもらいましょう。